光脱毛の違いが知りたい

脱毛サロンによって光脱毛の種類が違い
「どれを選んだらよいのか分からない」

そんな経験をしたことありませんか?
ここでは、光脱毛の違いについてクローズアップしています!

いろいろある光脱毛の種類

光の種類 毛周期
IPL(インテンスパルスライト) 成長期後期
HS(ハイパースキン) 休止期
SHR(スーパーヘアリムーバル) 全ての期間

IPL(インテンスパルスライト)

沖縄県内でもっとも取り扱いが多いのがIPLによる脱毛です。
ショット数は10秒間に100本で、高い照射熱で毛根にダメージを与えることで、脱毛が行われています。メラニンに働きかけるため、IPLで脱毛する場合の自己処理は毛抜きではなく、毛根に毛が残る状態で脱毛サロンに行くのがベストです。

HS(ハイパースキン)

休止期の毛根に働きかけ脱毛が行われるのがHS脱毛の特徴です。
毛根の上の部分にある、毛の発毛因子を作っている細胞「バルジ領域」に働きかけるため抑毛効果が高い脱毛方法です。肌負担が少ないため、成長期の10代や敏感肌の人にオススメの施術です。

SHR(スーパーヘアリムーバル)

全ての毛周期に脱毛効果があるため、早く脱毛が完了します。ショット数も10秒間に1000本のため、施術時間も短くすむため、全身脱毛を希望するひとや忙しい人にはオススメの脱毛方法です。バルジ領域にも働きかけるため、抑毛効果もあるという最新の施術です。

自分の肌質に合った光をチョイスしよう

光脱毛の種類が違えば、その効果も違います。脱毛は回数を重ねるため、照射熱を何度も肌にあてることになります。自分の肌質に合った光の種類を選ぶことで、肌質に合わなかったと脱毛を断念することもなくなります!